東京から「ものづくり」をお手伝いいたします!

和紙を細く切り撚りをかけ糸にしたものを織り機にかけ

生地として織りあげたものを「紙の布」と書き

昔の人々はそれを「しふ」とよんでいました。

会社紹介

写真 当社は、革の鞄・リュック・袋物・ケースなど幅広く製造する事業所です。サンプルの型紙製作から、小ロット・生産までお客様のご要望に日々対応しております。
OEMでの受注製作と並び、独自の素材開発及び商品開発にも力を入れております。
日本の伝統工芸である和紙からなる『紙布』を現代の使用目的に見合った紙布帆布・紙ベルト・紙紐を2015年より開発いたしております。それらの素材は『Sifuあだちや』として商標登録取得後、『KAMIHITOE』『Sifuあだちや』のふたつのブランド商品として展開いたしております。

紙布について

新着情報

2021.09.01
足立区海外販路拡大支援事業「ADACHITAIDE」支援対象事業者として採択されました
2020.05.01
KAMIHITOE.WEBSHOP.オープンいたしました。
2020.1.17
MAISON&OBJET 2020 1月展示会.出展について

もっと見る

自然由来へのこだわり

写真 紙布には、たて糸とよこ糸に紙糸を使用した諸紙布(もろじふ)、たて糸に絹や綿、麻を使いよこ糸を紙糸で織り上げる
絹紙布(きぬじふ)、綿紙布(めんじふ)、麻紙布(あさじふ)があります。
「Sifuあだちや」では綿×美濃和紙で織りあげた綿紙布で、8号、10号、11号の紙布帆布を製作しています。

そして紙布にも使用している紙糸を鞄用に持ち手などに使える引張り強度100kg〜300kgあるテープや、紙袋や巾着袋の紐にも使えるコード(組紐)も開発いたしました。
天然素材の和紙でできているテープは世界初の試みです。
糸の染色、生地の染色には“草木”、二次加工には“とうもろこし”を使うなど全工程において石油素材を使用しない天然由来の素材にこだわっております。




※日本と欧州共同体(EU)で、紙布素材として第18類、第23錘、第24類の商標登録を「Sifuあだちや」として2016年5月に取得。
2021年7月「KAMIHITOE」商標登録取得。

Sifuあだちや〜紙布の歴史

会社概要

会社名 有限会社メニサイド
代表取締役 中里貴子
所在地 東京都足立区南花畑4-27-8第23アライビル1F
TEL 03-5851-3262
FAX 03-5851-3263
創業 2001年4月13日
事業内容 鞄・袋物・ケース・一般

考えるものづくりへのこだわり

メニサイドが目指す、many side=(多面的)とは、ひとつの見方にとらわれず、あらゆる視点から“ものづくり”をご提案することを心がけております。当社スタッフ一人ひとり実績と経験を積んだ“ものづくり”のプロが、みなさまのビジネスにご協力させていただきます。